第25回日本熱帯生態学会年次大会(京都)
The 25th Annual Meeting of
the Japan Society of Tropical Ecology (JASTE25) in Kyoto


June 17, 2015
[国際シンポジウムライブストリーム] 事前登録期限を延長しました
[Livestream of International Symposium] The deadline for registration has been extended.

各種ダウンロード File Download
大会案内・発表プログラム・地図(PDF)
Information, Programs and Maps (PDF)
国際公開シンポジウムフライヤー(PDF)
International Public Symposium Flyer (PDF)
国際公開シンポジウム要旨集(PDF)
International Public Symposium Abstracts (PDF)
公開シンポジウムフライヤー(PDF)
Public Symposium Flyer (PDF)
公開シンポジウム要旨集(PDF)
Public Symposium Abstracts (PDF)

主催 日本熱帯生態学会 Host Japan Society of Tropical Ecology
学会会長 米田 健 President of JASTE YONEDA Tsuyoshi
大会実行委員長 神崎 護 Chairperson of
Executive Committee
KANZAKI Mamoru
大会実行委員 大山修一
岡田直紀
金子隆之
北島 薫
小林繁男
竹田晋也
田淵隆一
縄田栄治
水野一晴
柳澤雅之
Members of
Executive Committee
OYAMA Shuichi
OKADA Naoki
KANEKO Takayuki
KITAJIMA Kaoru
KOBAYASHI Shigeo
TAKEDA Shinya
TABUCHI Ryuichi
NAWATA Eiji
MIZUNO Kazuharu
YANAGISAWA Masayuki

共催:京都大学地域研究統合情報センター
連携:日本サンゴ礁学会,日本マングローブ学会,日本泥炭地学会,日本アフリカ学会, 日本熱帯農業学会,東南アジア学会,日本タイ学会
後援:京都大学教育研究振興財団





大会実行委員会
JASTE25 Executive Committee
〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
京都大学農学研究科森林科学専攻森林・人間関係学分野
第25回日本熱帯生態学会京都大会実行委員会
JASTE25 Executive Committee,
Faculty of Agriculture, Kyoto University,
Oiwake, Kitashirakawa, Sakyo, Kyoto 606-8502
TEL:075-753-6359(金子),-6071(神崎) / FAX:075-753-6075(森林・人間関係学分野)
Email: jaste25.kyoto@gmail.com



サイトマップ
Site Map
日程

会場

参加申し込み

講演要旨

学会間連携

優秀発表賞

国際シンポジウム

公開シンポジウム

大会プログラム

発表に関する注意

Schedule

Location

Registration

Abstract

Collaboration among Academic Societies

Best Presentation Awards

International Symposium

Public Symposium

Programs

Presentation Guidelines




日程
Schedule





サイトマップに戻る Return to Site Map



会場とアクセス
Venue and Access
京都大学稲盛財団記念館3階
(京都市左京区吉田下阿達町46)
Inamori Foundation Memorial Hall, Kyoto University, 3F
(46 Shimoadachi, Yoshida, Sakyo, Kyoto)
(最寄駅)
京阪鴨東線 神宮丸太町駅
(The Closest Station)
Jingu-Marutamachi St. (Keihan-Oto line)

駐車場はありません.自動車でのご来場はご遠慮ください.
  • 京阪電鉄『神宮丸太町駅』から川端通を北へ徒歩約5分
  • 京都駅からタクシー:『荒神橋東詰(こうじんばしひがしづめ)の稲盛財団記念館へ』と指定(約20分)
  • JR京都駅烏丸口A2バスのりばから京都市バス205号系統・17号系統・4号系統『荒神口(こうじんぐち)』下車(約30分).バス停より東へ徒歩5分.またはC3のりばから京都バス17系統『荒神橋(こうじんばし)』下車(約30分).バス停から道路を渡ってすぐ.
  • 阪急河原町駅中央改札出口6番より,河原町オーパ前のりばから京都バス16・17系統『荒神橋(こうじんばし)』下車(約11分).バス停から道路を渡ってすぐ.または京都市バス四条河原町バス停Hのりばより205号系統・4号系統,Iのりばより17号系統・3号系統『荒神口(こうじんぐち』下車(約7分).バス停より東へ徒歩5分.
  • 地下鉄烏丸線丸太町駅下車1番出口より,京都市バス204号系統・202号系統で『丸太町京阪前』下車(約6分).バス停より北へ徒歩5分.



No car parking available in the campus
  • From Keihan "Jingu-Marutamachi" Station, 5 min. walk to north from Exit [5]
  • From JR "Kyoto" Station (Bus terminal at the north of "Kyoto" Station) >>take Kyoto City Bus (No.205 / 17 / 4) bus stop to "Kojinguchi" bus stop and 5min. walk to east (cross "Kojinbashi"-bridge)
    or >>take Kyoto Bus [No.17] at [C3] bus stop to "Kojinbashi" bus stop.
  • From Hankyu "Kawaramachi" Station >>take Kyoto Bus [No.16 / 17] at "Shijo-Kawaramachi" bus stop in front of "Kawaramachi OPA"-retail complex to "Kojinbashi" bus stop.
    or >>take Kyoto City Bus [No. 3 / 4 / 17 / 205] at "Shijo-Kawaramachi" [H] or [I] bus stop to "Kojinguchi" bus stop and 5 min. walk to east (cross "Kojinbashi"-bridge).
  • From Subway Karasuma line "Marutamachi" Station, take Kyoto City Bus [No.202 / 204] to "Marutamachi-Keihan-mae" bus stop and 5 min. walk to north.
 
 
サイトマップに戻る Return to Site Map



参加申し込み
Registration

発表の受付は締め切りました.
当日受付にて参加申し込みをしてください.
  • 参加申込書をダウンロードし,必要事項を漏らさず記入の上,JASTE25大会事務局(jaste25.kyoto@gmail.com)に電子メールで送付してください.電子メールでの送付が難しい場合は,実行委員会までご相談ください.
  • なお,発表者は日本熱帯生態学会会員と下記の連携学会会員に限ります.研究発表を希望する非会員の方は,学会事務局(jaste.adm@gmail.com)に連絡し,事前に会員登録を行なってください.
  • 研究発表される方は大会参加申し込みを4月30日17時までに済ませてください.要旨提出締め切りは5月31日17時必着です

    参加申込書(.doc)

    参加申込書(.docx)

Registration for the presenter was finished.
Please use the on-site registration.
  • Please download an application form of participation and fill in all the necessary items on the application form, and send it to JASTE25 Executive Committee(jaste25.kyoto@gmail.com)by email. If impossible, please contact JASTE25 Executive Committee.
  • Lead presenter in both oral and poster presentation must be member of JASTE or collaborative societies. Therefore, Non-member of JASTE who would like to make a presentation in the JASTE25, please contact the JASTE secretariat and make an application for the membership.
  • For presenters: Please send your application to JASTE25 secretariat (jaste25.kyoto@gmail.com) by April 30, 5:00pm. Abstract deadline is May 31, 5:00pm.

    Application form (.doc)

    Application form (.docx)
 
 参加費 Participation Fee

前納参加費
(締め切りました)
  • 一般: 5,000 円
  • 学生: 2,500円

Early-bird
Participation Fee

(Closed)
  • Ordinary: 5000 yen
  • Student: 2500 yen

前納懇親会費
(締め切りました)
  • 一般:5000円
  • 学生:2500円

Early-bird
Banquet Fee

(Closed)
  • Ordinary: 5000 yen
  • Student: 2500 yen
当日大会参加費
  • 一般:6000円
  • 学生:3000円
On-site
Participation Fee
  • Ordinary: 6000 yen
  • Student: 3000 yen
当日懇親会費
  • 一般:6000円
  • 学生:3000円
On-site
Banquet Fee
  • Ordinary: 6000 yen
  • Student: 3000 yen
講演要旨集のみ
(大会終了後、郵送します)
  • 2000円
Purchasing Abstract Book
(without Participation)
  • 2000 yen
公開シンポジウム
  • 会員・非会員ともに無料
Public Symposium
  • Free (for both member and non-member)
郵便局からの郵便振替による送金方法 Remittance through Postal Savings Account

前納送金締め切りは5月31日です.
事前申し込みは締め切りました
  • 郵便局で青色の払込取扱票を使用して下さい
  • 払込取扱票の通信欄に、必ず送金内訳(一般/学生の別,参加費/懇親会費の有無,要旨集代の別)を記載して下さい
  • 口座番号:00960-2-235149
  • 口座名(漢字):JASTE25実行委員会
  • 口座名(カナ):ジャステニジュウゴジッコウイインカイ

Dead line of advanced payment is May 31.
Advanced registration has been closed
  • Please use BLUE remittance slip (Haraikomi Toriatsukai Hyou) in Post office
  • Please make sure to write a breakdown of your remittance (i.e. Regular or Student /Remittance for Participation, Banquet, or Purchasing Abstract Book) in message column (Tsushinran) of remittance slip
  • Account Number:00960-2-235149
  • Account Name (Kanji):JASTE25実行委員会
  • Account Name (Katakana):ジャステニジュウゴジッコウイインカイ
銀行からの振り込みの場合 Remittance through Bank Account 
前納送金締め切りは5月31日です.
事前申し込みは締め切りました
  • 銀行名:ゆうちょ銀行
  • 店名:〇九九店
  • 口座種類:当座
  • 口座番号:0235149
  • 口座名(カナ):ジャステニジュウゴジッコウイインカイ

 *銀行送金の場合には,必ず振込時にメールで氏名,送金内訳(一般/学生の別,参加費/懇親会費の有無/要旨集代の別)を実行委員会あてに連絡してください.メールあて先はjaste25.kyoto@gmail.com,件名を「送金内訳」としてください.メール送付に困難のある方は実行委員会までご相談ください.
Dead line of advanced payment is May 31.
Advanced registration has been closed
  • Beneficiary Bank: Japan Post Bank
  • >Branch: 〇九九(099)
  • Account Number: 0235149
  • Account Name (Katakana):ジャステニジュウゴジッコウイインカイ

* Please send an e-mail to JASTE25 secretariat (jaste25.kyoto@gmail.com) with information about a breakdown of your remittance (i.e. Regular or Student /Remittance for Participation, Banquet, or Purchasing Abstract Book) (subject line: "breakdown of remittance"). If impossible, please contact JASTE25 Executive Committee.
サイトマップに戻る Return to Site Map



講演要旨(発表をされる方のみ)
Abstract Submission (Only for Presenter)


  • 講演要旨をA4用紙1ページにまとめ,5月31日17時までに学会事務局(jaste25.kyoto@gmail.com)あて電子メールで添付ファイルとしてお送りください.
  • ファイル形式はMS Word(.docまたは.docx)を用いてください.
  • 講演要旨は,以下の様式で作成願います(そのまま印刷します).

【講演要旨の様式】
  • 長さ:A4用紙1枚以内
  • ファイル形式:MS Word (.doc または .docx)
  • 余白:上下左右とも€25mm
  • タイトル(第1行)と氏名・所属(第2行)は、更に25mm下げる(用紙の左端から50mm)
  • 発表者の氏名の左上に○をつける(5月28日訂正)
  • 本文は氏名・所属(第2行)の後に1行あけて印字する
  • 図表は白黒とし、余白からはみ出ないように貼り込む

  • Please send your abstract to JASTE25 secretariat(jaste25.kyoto@gmail.com)by email
    by May 31, 5:00pm.
[Abstract Format]
(We will directly print out without editing)
  • Length: within A4 1page
  • File: MS Word (.doc OR .docx)
  • Margin: 25mm (left, right, top, and bottom)
  • Write Title (in the first line) and Name & Affiliation (in the second line) from 50mm margin position of left side
  • Add ○(circle) at the upper left of presenter's name
  • After writing Name & Affiliation (in the second line), break a line (i.e. the third line), and start main body of abstract from the fourth line
  • Make figures and tables in black and white, and pasting them within margin
サイトマップに戻る Return to Site Map



学会間連携
Collaboration among Academic Societies


第25回 日本熱帯生態学会年次大会では,異分野の研究者との交流を深めるために,次の7つの学会と連携して大会を実施します.
日本サンゴ礁学会,日本マングローブ学会,日本泥炭地学会,日本アフリカ学会,日本熱帯農業学会,東南アジア学会,日本タイ学会
これら連携学会の会員は当学会の会員と同条件で研究発表できます.
また6月20日(土)午後には学会連携セッション「熱帯の水系を遡る旅―沿岸から高地までの環境と暮らし―」を開催し,多様な熱帯研究を総覧できる場を提供します.


In order to foster interdisciplinary interactions among researchers, JASTE25 will collaborate with the following 7 academic societies:
The Japanese Coral Reef Society; Japan Society for Mangroves; Japan Peatland Society; Japan Association for African Studies; Japanese Society for Tropical Agriculture; Japan Society for Southeast Asian Studies; Japanese Society for Thai Studies.
Members of the above societies will have the same right to present at JASTE25 as regular JASTE members. There will be a collaborative session, “A Journey across Waters in the Tropics: Environment and Livelihood from Coasts to Highlands” in the afternoon of Saturday, June 20.



学会連携セッション
Collaborative Session(in Japanese)


「熱帯の水系を遡る旅-沿岸から高地までの環境と暮らし-」

日時:2015年6月20日(土) 13時30分から16時30分
会場:A会場(京都大学稲盛財団記念館3階大会議室)

連携学会:
日本サンゴ礁学会,日本マングローブ学会,日本泥炭地学会,日本アフリカ学会,日本熱帯農業学会,東南アジア学会,日本タイ学会

趣旨:
 本年次大会では,異分野の研究者との交流を深めるために7学会との連携による標記セッションを開催します.今後の異分野間での共同研究等の連携を進めるきっかけとして,各学会が研究対象として扱う熱帯の海から高地までのさまざまな世界を巡る旅にご案内します. 各学会から20分ずつの講演により,海から陸まで,さらに東南アジア世界とアフリカ世界について,それぞれご紹介いただくとともに,今後の学会間連携の方向性を含めたディスカッションを予定しています.

【プログラム】
  1. 学会長挨拶 米田健(日本熱帯生態学会会長)
  2. 趣旨説明  田淵隆一(森林総合研究所)
  3. 日本サンゴ礁学会「サンゴ礁と人との関わり」 茅根 創(東京大学)
  4. 日本マングローブ学会「マングローブ生態系と地球環境研究」 藤本 潔(南山大学)
  5. 日本熱帯農業学会「タイの野生マンゴーの分布と植物利用」 樋口 浩和・上田 祐未(京都大学)
  6. 東南アジア学会「ボルネオ北部の流域社会(仮題)」 祖田 亮次(大阪市立大学)・石川 登(京都大学)
  7. 日本アフリカ学会「アフリカにおける霊長類学の歴史」 座馬 耕一郎(京都大学)
  8. 総合討論
サイトマップに戻る Return to Site Map



優秀発表賞
Best Presentation Awards

  • 今大会では優秀発表賞を口頭発表,ポスターの双方で設定します.複数のレフェリーによる厳正な審査を行います.審査基準など詳細は, 当ウェブサイトで後日公開します.
  • 同制度へエントリーする場合には,大会参加申し込みの際に所定欄にマークをお願いします.

  • The best presentation each in oral and poster category will be recognized on the basis of peer evaluation by multiple judges. Detailed information will be available on the JASTE25 website.
  • Please indicate on the registration form if you would like to be considered.
サイトマップに戻る Return to Site Map





公開国際シンポジウム
International Public Symposium
(In English)

Networking for the Sustainable Future of the Tropics
(熱帯地域の持続的な未来を目ざすネットワークの構築)



日時:2015年6月19日(金) 14時から18時
会場:京都大学稲盛財団記念館3階 大会議室

Date: June 19, 2015 14:00-18:00
Venue: Inamori Foundation Memorial Hall,
Kyoto University 3F Large Meeting Room

Date and Time: 19 June, 14:00-18:00
Place: Inamori Foundation Memorial Hall 3F Large Meeting Room

Conservation of the rich biological diversity in the tropics holds a key for the sustainable future for the people on the earth. Natural tropical ecosystems offer many valuable ecosystem services, including carbon sequestration, water, soil and nutrient conservation, a rich array of natural resources and livelihood options. Yet, natural tropical forests, coastal and marine ecosystems continue to be degraded or lost by non-sustainable resource extraction and land use change, as a result of complex interactions of social, economic, political and environmental factors in the globally connected and rapidly changing world. Thus, natural scientists must work in collaboration with a broad range of disciplines and exchange knowledge beyond local and regional levels. In this international symposium, the invited speakers introduce ongoing efforts to network researchers and natural resource managers with a variety of regional and disciplinary strengths, with a common goal of conserving the future of the tropics. These lectures will be followed by a panel discussion, during which invited panelists will discuss how to foster such research coordination networks in the context of setting research priorities in tropical ecology and conservation.


[Program]

14:00–14:10 Welcome remarks:
 Mamoru Kanzaki, JASTE25 Program Chair (Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Japan)
 
 Moderator: Kaoru Kitajima (Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Japan)

Lectures:
14:10–14:35
 Stuart Davies
(Center for Tropical Forest Science, Smithsonian Institution, USA; Global Forest Observatory)
  “Forests in the Anthropocene: Recent results from a global forest observing system
14:35–15:00
  Robin L. Chazdon(University of Connecticut, USA; Association for Tropical Biology and Conservation)
  “Networking to understand tropical reforestation and its socio-ecological context in an age of deforestation
15:00–15:25
  Hajanirina F. Rakotomanana (University of Antananarivo, Madagascar; Tropical Biology Association)
  “Tropical Biology Association for safeguarding the natural resources in Africa and other tropical regions

(10 min break)

15:35–16:00
 Moira M. M. Moeliono (Center for International Forestry Research, Indonesia; Asian Social Forestry Network)
  “ASFN, ASFCC and CIFOR Research
16:00–16:25
 Mitsuru Osaki (Hokkaido University; International Peat Society)
  “The Peatland/wetland as carbon-water linkage ecosystems
16:25–16:50
 Francis. E. (Jack) Putz (University of Florida, USA)
  “Research networks to promote responsible tropical forest management

(10 min break)

17:00-18:00 Panel discussion
Panelists:
Ryohei Kada (Shijonawate Gakuen University)
Yasuyuki Kono (Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University)
Claudia Romeo (University of Florida, USA)
Shoko Sakai (Center for Ecological Research, Kyoto University)

[Registration for Livestream]

If you like to watch the live-streaming of this international symposium sponsored by the International Network for Next Generation Ecologists (INNGE), please register using this form (http://goo.gl/forms/EIsrCiOIEo) by the midnight of 14 the noon of 19 June 2015 (JST).
サイトマップに戻る Return to Site Map




公開シンポジウム
Public Symposium (In Japanese)


「熱帯の人と自然の変遷と行方-熱帯研究の歩みと重ねて-」

日時:2015年6月21日(日) 14時から17時30分
会場:A会場(京都大学稲盛財団記念館3階大会議室)

共催:京都大学地域研究統合情報センター


趣旨:
 日本熱帯生態学会25周年にあたる今年の公開シンポジウムでは,熱帯の人と自然の変遷を俯瞰的に展望し,研究者が果たした役割を含めて議論する場を設けました. 日本熱帯生態学会は,生物過程が主体となった自然生態系に注目するだけでなく,自然を組織している社会的なしくみにも目を向け,幅広いさまざまな研究成果の相互交流を目指して1990年に設立されました. さらに研究成果を広く社会に還元し,熱帯地域に生じている社会と自然をめぐる諸問題が正しく理解され,解決されるよう努力するという理念を掲げて活動を続けてきました. それから25年.アジア・アフリカの沿岸域,平原,森林という異なる地域で長期研究に携わってきた4人の演者に,人と自然と社会の変動,開発と保全のせめぎ合い,その中で研究者が果たした役割を俯瞰的に紹介していただき,次の25年に向けて進むべき方向を議論してみたいと思います.

【プログラム】

14:00 開会
14:00 開会挨拶 米田 健(日本熱帯生態学会会長)
      趣旨説明  神崎 護(京都大学農学研究科)
14:10 講演I   古川 久雄(NPO法人平和環境もやいネット)「インドネシア泥炭湿地大開発」
14:35 講演II   宮川 修一(岐阜大学応用生物科学部)「タイ熱帯平原の人と自然 ドンデーン村を中心に」
15:00 講演III  荒木 茂(京都大学アフリカ地域研究資料センター)「アフリカ生態環境変化の25年と保全・開発」
15:25 講演IV  市栄 智明(高知大学農学部)「サラワク熱帯雨林における長期生態研究の歩みとこれから」

休憩・会場準備

16:00 総合討論「熱帯研究の次の25年」
パネリスト: 演者ならびに,小林 繁男(京都大学東南アジア研究所) 増田 美砂(筑波大学生命環境科学研究科)
モデレーター :神崎 護

17:00 閉会挨拶 原 正一郎(京都大学地域研究統合情報センター長)
サイトマップに戻る Return to Site Map




大会プログラム
Programs


大会案内・プログラム(PDF)
Information and Programs (PDF)




口頭発表プログラム Oral Presentation:

2015年6月20日(土) June 20 (Sat), 2015

*パワーポイントファイル受付:各会場で8:30-8:50の間に済ませてください
*Loading your presentation file: From 8:30-8:50 at each room



2015年6月21日(日) June 21 (Sun), 2015
*パワーポイントファイル受付:各会場で8:30-8:50の間に済ませてください
*Loading your presentation file: From 8:30-8:50 at each room



ポスター発表  Poster Presentation:

2015年6月20日(土)8:30〜6月21日(日)15:00   June 20 (Sat) 8:30-21 (Sun) 15:00,2015
コアタイム 6月20日(土) 12:30〜13:30      Core time 12:30 - 13:30, June 20 (Sat)
6月21日(日) 13:00〜14:00         and 13:00 -14:00, June 21 (Sun)


*ポスター撤去期限 6月21日15:00
*Remove Posters before 15:00, June 21



サイトマップに戻る Return to Site Map




発表に関する注意
(Presentation Guidlines)

【口頭発表】
  • 発表時間は,14分30秒(発表12分・質疑2分30秒),時間厳守です.
  • 発表者は,次の講演の座長を行ってください.
  • 会場のパソコンは,Windows7,MS Power Point 2013を用意します.進行の妨げになるため,個人のパソコンの接続はお控え下さい.
  • 発表ファイル(推奨形式は,ppt,pptx,pdf)はUSBで持参して,当日のセッション開始前(午前開始前)にパソコンにロードして下さい.
  • 大会事務局では,アニメーションや動画の動作を保証しません.

【ポスター発表】
  • ポスターは横90cm×高さ180cmに収まる大きさでご用意下さい.A0サイズを推奨します.
  • ポスター展示可能時間は,6月20日の8時30分から6月21日の15時までです.
  • コアタイムは,6月20日(土)12:30-13:30ならびに6月21日(日)13:00-14:00です.著者はコアタイム中,ポスター前で待機してください.

【優秀発表賞】
  • 優秀発表賞にエントリーされた発表については,匿名の選考委員3名が審査にあたり,大会終了後に授賞者本人(原則として筆頭著者)宛に通知し,大会ウェブサイトとニューズレターで発表します.授賞者には賞状が授与されます.

【Oral Presentation】
  • Each presentation is given 14.5 minutes (12 minutes for slides and 2.5 minutes for questions and answers). Please keep to the presentation time.
  • Each presenter is asked to moderate the next presentation.
  • Computers installed with Windows 7 and MS Power Point 2013 will be provided by the Executive Committee. Please do not connect personally owned computers to save time.
  • Presentation files (either in .ppt, .pptx, or .pdf format recommended) should be loaded to the computer before the session starts in the morning.
  • The Executive Committee does not have responsibility for any troubles regarding the motion of animation and videos used in each presentation.

【Poster Presentation】
  • Poster should not exceed 90cm and 180cm in width and height, respectively. A0 size is recommended.
  • Poster can be exhibited from 8:30, June 20 to 15:00, June 21.
  • Core time is from 12:30 to 13:30, June 20(Sat) and 13:00-14:00, June 21(Sun). Presenting authors are requested to stay at their posters during the core times.

【Best Presentation Awards】
  • Presentations registered for the award will be reviewed by three referees. Winners will be informed after the meeting. The results will be announced in JASTE25 Web-Site and JASTE Newsletter. A certificate will be presented to the first-author of each winning paper from the Executive Committee of JASTE25.
サイトマップに戻る Return to Site Map